投稿日:

島に移住した理由(下)

男木島にたどり着いたところまでが前回の内容。

今回はなぜ男木島に決めたのかという核心部分を書こうと思います。

 

なぜ男木島に移住したのか。

「特徴的な町並み」「雄大な自然」「離島のわりに意外と街に近い」「格安の生活費」などの要素は確かに重要ではあります。しかし、これらの要素を満たす場所は日本国内だけでもごまんとあるでしょう。ですので、これらの要素の積み重ねだけでは決め手にはなり得ません。

高松市は移住者誘致/定住促進にそこまで熱心な自治体ではない(としか思えない)ため、他の地方でみられるような「あそこに引っ越せば得する」というようなものが決め手になったわけでもありません。個人的な所感を言わせてもらうと、自分の住むところは「損得」といった経済的側面から語られるべきものではないように思いますし、「得」を求めて引っ越してきた消費者マインドたっぷりの人々がその地でステキな関係を醸成できるようにはとても思えません。

これらの外的要素でないとすれば、何が私達夫婦を男木島へと導いたのか。

身も蓋もない言い方をすれば、それは「偶然」であると私は考えています。

 

偶然がたくさん起こる島

この島では不思議なことに「偶然」がたくさん起こります。

初めて訪れたときには、道を歩いていたら私設図書館があったり、その日は閉館日なのに中に招いてもらったり、その図書館が移住者相談窓口を設けていたり、「引っ越してくれば?」と気軽に言われたりしました。

2回目3回目に訪れたときには、島の他の移住者たちがたくさん集まる夜があったり、新しくできた小学校の入学式に参列したり、フランス人の耕す畑をみんなで見に行ったりしました。

引っ越してきてからは、島内で特Aクラスというキレイな家を格安で貸してもらったり、道を歩いているだけで野菜を山ほどもらったり、家から徒歩10秒の大きな畑を二つ返事で貸してもらったりしています。

他にも枚挙にいとまがありませんが、全て「偶然」です。

 

「偶然」を生み出す背景

私の見方では、この偶然を高確率で生み出しているメカニズムは「コンパクトな空間」と「オープンな精神」によって支えられていると考えています。島全体がコンパクトで集落はさらにコンパクトなので、人口は200人にも満たないはずなのに道を歩けばだいたい誰かに出くわします。全員が顔見知りというのもあって、皆さんとても面倒見が良く、助け合い精神が大樹のごとく根付いています。引っ越してきたその日に段ボール箱を持って階段を上がっていると、腰の曲がったお婆ちゃん3人ぐらいから「手伝ってやる」と言われ、箱を奪い取られてしまいました。私はお婆ちゃんの元気さと世話好きのすさまじさに驚かされると同時に、この島に引っ越してきて良かったなと改めて思いました。

大工道具や農機具の貸し借りも頻繁で、私の家や庭にはご近所に借りたものや誰のものかよく分からないものがたくさん転がっています。家のことでも畑のことでも、いつでも何でも相談できる人達がまわりにあふれているのは本当に心強いものです。先日、家の水道管が故障して水道が使えなくなった時も、まず電話したのは水道屋さんではなくて、仲良しの島の漁師さんでした。電話をしてから30分後には水道が復旧したことを思うと、島を「不便」な場所と単純に捉える考えは改める必要がありそうです。

田舎によく見られるような詮索や監視みたいなネガティブなこともここでは全く見られません。むしろ、お互い名前も知らない私とおばあちゃんが道ですれ違いざまに冗談を言い合ったりするのも日常茶飯事だし、「家にたくさん家具や道具が余っているからもらいに来てくれ」と頼まれることも珍しくありません。その人がもつ背景などにはあまり執着せず、助けを求められればすぐに応じるようなオープンさがここには共有されていると思います。

 

このようにこの島では「コンパクトな空間」と「オープンな精神」が両輪のようにうまく機能することで、心地の良い「偶然」を生み出しているのだと思います。移住者同士もこの偶然の輪のなかにすっぽりと入っていて、みんなが日常を楽しんで過ごしているように私には見えます。この移住者同士のネットワークも私達にとって非常に重要なもので(そのうち人の焦点をあてたポストを書くと思います)、彼らがいなければおそらく私達はここには来ていないと断言できます。

 

こういったもの全てが私達夫婦がこの島に移住した理由と言えます。

つまり単純じゃないのです。

私もうまく説明できないのですが、とにかくいきなり質問されて、即答できるような類のものでないことさえ分かってもらえれば満足です。

投稿日:

島に移住した理由(中)

内容が長文になりそうだったので、「島に移住した理由」は前中後編の3部編成でお送りします。

私達夫婦が住むところを探して世界のあちこちを周遊しているうちに、1箇所に決めきることができないという悩みを抱くようになったというのが前編の内容

今回は、島にたどり着くまでを書こうと思います。

 

排他と寛容

私が世界のあちこちを回って思ったのは、今の世の中がちょっとずつだけど確実に多様性を許容しない方向、異質な存在を排除する方向に向かっているということです。とくに2016年は元日のケルンでの集団暴行事件を皮切りに、イギリスのEU離脱、トランプ氏の大統領選挙躍進などなどここで詳しく述べることはやめておきますが、もうとにかくそういう世相というものにうんざり半分、恐ろしさ半分という気持ちでいました。

移住を検討しはじめたときには海外に住むことも選択肢としてあったのですが、そういう事情もあったりして(必ずしも日本にそういう世相がないという意味ではありませんが)、差別や治安などの問題を(比較的)御しやすい日本が良いのではないかという結論に至りました。

 

暖かさこそが唯一の選定基準

とは言っても、私は割とどこでも楽しく生きていけるタイプの人間ではあるので、移住先を考える際には妻の意見を最大限に尊重するようにしました。

その妻が出した唯一の希望が「暖かい地域」というものでした。

私達は当時北関東に住んでいたので、暖かい地域ということはすなわち日本国内で関東より南の地域ということになります。そこから色々とリサーチをインターネットで進めて、瀬戸内地方が気候も温暖で美味しいものも沢山ありそうだということが分かってきました。

 

瀬戸内地方への旅

じゃあ一度見に行ってみようということで、長い世界旅行(これに関してはそのうち書こうと思っています)を一端休止して、2016年3月から4月にかけてに一ヶ月丸々レンタカーを借りて瀬戸内地方を中心にあちこちまわってみることにしました。

ヴィッツで一ヶ月二人で車中泊というのはなかなかツラくも楽しいものでした。毎日銭湯に入って、道の駅に停めた車の中で寝袋にくるまって寝る日々。なんだか昭和の逃避行みたいなノリでしたけど、色々な街を訪れて、色々な人に話を聞けたのは貴重な体験で、とても面白かったです。

我らが愛車ヴィッツ(レンタカーだけど)

尾道、広島、岡山、松山あたりをめぐる日々のなか、「じゃあうどん好きだし、香川にも行ってみるか」と考えたのが、いま思えば新たなステージの始まりでした。

たまたま高松を訪れた日は3月19日で、それは瀬戸内国際芸術祭がはじまる前日でした。私達はそれまで瀬戸芸のことをほとんど知らなかったのですが、「せっかくの機会だから島もまわってみよう!」ということになり、「作品鑑賞パスポート」と「フェリー乗り放題3日間乗船券」を購入し、いくつかの島をめぐることにしました。

そんななかで、フェリー乗り放題を効果的に使わないともったいないと考えた私達がある日訪れたのが男木島でした。

投稿日:

島に移住した理由(前)

皆さん移住した理由が気になるご様子

男木島といういわゆる「地方」を通り越して「辺境」とも言うべきところでお店をしていると、非常に沢山の方から「なぜこの島に移住してきたのか」という質問を投げかけられます。どれぐらい沢山かというと、多いときには一日三回ぐらい。

その都度、「島に呼ばれている気がして」とか「ノリですよ」とか「人があたたかいからです」とかテキトーな答え(ゴメンね!)を返しているのですが、よく聞かれるということはそれなりに理由があるのだろうと考え直し、ここらでちゃんとまとめておこうという考えに至りました。

移住希望者のジレンマ

2015年11月以降、私達夫婦は日本を含めた世界のあちこちの街を見て、新たに住むところを探していました。私達は行く先々で「ここは良いね」「あそこはステキね」なんて言ってノホホンと過ごしていたのですが、ある日自分達がある種のジレンマに直面していることに気づきます。それは、「居住地選択にあたっての制約がないために、いずれの候補にも決めきれない」というものでした。

多くの人達は仕事の都合や地縁血縁によって、ある意味、特定の場所に縛られて生きています。それはもしかしたら息苦しくなることもある生き方かもしれませんが、少なくとも居住地選択に頭を悩ませることはそこまでないでしょう。私達の場合は仕事や血縁といった制約がほとんどなかったがゆえに、選択肢が多すぎて居住地の候補を絞ることが長いことできていなかったのです。たとえるなら、今日着ていく服を選ぶときに、選択肢が1000パターンもあるような状態と言えるでしょうか。自由=ラクではないということです。

世界は「ステキな場所」だらけ

隣町から地球の裏側まで、世界は「ステキな場所」にあふれています。これまで色んなところを訪れましたが、「気に入らない場所」なんてひとつもありませんでした。どんな国のどんな場所にも、美しい風景が広がっていて、面白い人々が暮らしていて、美味しい食べ物があります。でも、分身の術を使うわけにいかない現代では、この広大な世界のなかで居住地をひとつ選ばなければなりません。(複数拠点生活なんてものもありますが、その場合もいくつかの場所を選び取る必要がありますし、ある時点でみれば居住地はひとつと言えるでしょう)

 

そろそろ一日の目標の1000字を超えたので、悩みを抱えた私達がどのようにして瀬戸内海に浮かぶ島にたどり着いたのかは、明日にでも書くことにします。おやすみなさい。