投稿日:

何年ものか分からない梅干しを食べてみる

納屋の片付けに取り組む毎日からいまだに脱することができていません。まぁそこまで焦っているわけではないので、夫婦二人でひたすら土嚢袋にゴミを詰めたり、古くて使えない建具などを解体して薪にしたり、古いけど使えそうな建具などをキレイに整理したりという感じで進めています。とりあえず音楽がないと楽しさも半減なので、今日はスピーカーを外に持ち出してビートルズを大音量で流しながら作業をしていました。

梅干しを発見!

さて、そんな中での今日の掘り出し物がこちら。

梅干しが入っていたかめ

そうです。梅干しです。

いや、もちろんこんな感じのかめには梅干しが入っていることが多いというのは知っています。しかしこのかめは蓋が開いていて、中を覗いてみても真っ白の正体不明の物体(写真を撮っていなかったのが悔やまれる!)しか見えなくて処理に困っていたのです。さらに大掃除で出た大量の土埃がかめに入り込む始末。

捨てるにしてももう少し小さく軽くしないと捨てにくいということで、ハンマーで叩き割りました。

あれまぁ、梅干しがいっぱい!

なんということでしょう。中には推定100個ほどの梅干しが入っているではないですか!完全に漬かりきっています。所々に見える塩の大きな結晶に注目。

断捨離が趣味の妻がこれらを捨てるためのゴミ袋を用意するまでのその刹那、細かいことは気にしない夫がその梅干しを口へ。

その場でとりあえず食べてみる。

何年ものなのかは全く分かりませんが、家の使われ方から考えるに少なくとも10年ぐらいは経っていると思われます。

肝心の味は、美味しくないことはないけど、塩味が相当に効いている感じです。色は明るい赤色とかでは全然なく、むしろワイン色と言えるぐらい深みがあります。果肉のジューシー感はしっかり残っていました(ちなみに塩の大きな塊も舐めてみましたけど、梅の風味が若干ついただけのただの塩でした)。塩分がちゃんと効いているので、蓋が開いていて常温に置いておいても雑菌が繁殖せずに長期間の保存が可能なのですね。先人の知恵、恐るべし。

アップはこんな感じ。うーん、見ているだけで唾液の分泌が。
お皿に盛りつけて…
美味しくいただきました!