投稿日:

納屋の改装も順調に進行中ですよ

さて、世界旅行編も書き進めていますが、その間にも納屋の改装は順調に(?)進行中です。サボっていないよということを証明するために最近の働きっぷりの一部をご紹介。

これまでにやったこと

  • 家屋の測量
  • 二階に収められた大量のモノを一階へ運搬or解体
使えるものは再利用。その他はお友達の家で使う薪になりました。全部でこれの10倍近いかな。
  • 大量のモノの焼却orゴミ袋に入れる
鬼の断捨離クイーン
  • 将来の間取りの検討
  • 将来不要になる土壁の除去
  • 一部屋分の床板の除去、土間の露出

床板を取り除いた様子

 

床下から地下階段が出現!
  • 天窓の発注
  • 足場用の単管パイプの搬入

 

これからやるべきこと

  • ゴミを捨てる
  • 足場を組む
  • 瓦と土を屋根から下ろす
  • 屋根に天窓をつける
  • 屋根をコロニアルでふき直す
  • 外壁のトタンを取り外す
  • 外壁を張り直す
  • 足場を解体する
  • 必要に応じて柱を追加する
  • コンクリをキッチンスペースに打つ
  • 床を張り直す
  • 内壁を漆喰で塗り直す
  • 厨房施設を購入、搬入
  • 電気、ガス、水道の敷設
  • 家具、調度品の調達、搬入

簡単に羅列してこれぐらいあります。細かく書けばこのリストはあと3倍ぐらいに伸びそうです。改めてみるとこれはなかなか大変なものに着手してしまったなというのが正直な感想ですね。この長いリストがコンプリートできた暁にはちょっとした家ぐらいなら鼻歌交じりに建てられるようになるような気がします。でも生活を一から自分の手で作るというのはそういうことですよね。昔のお百姓さんは百個もの仕事を掛け持ちしていたと聞きますし。あらゆる業界であまりに専業化が進んでしまっている昨今ですが、この島でそんなぬるいことは言っていられないようです。でも各々が単純な職業で語られずに色んな顔を持っている方が繋がりも多層化するので、けっこう面白いですよ。まぁこういう話はまた今度に。

ともあれ、この島にいると助けてくれる人や便利な道具がすぐに見つかるので、不思議となんとかなりそうな気がしてくるのです。なんせ廃屋を図書館に変えた人達がいるのだから、心強い限りですね。

ともあれ今月の目標はゴミを(ほとんど)全部捨てることと、屋根をふき直すことです。両方気が重いですね。こういう作業は着手してからしばらくはひたすら肉体労働ばかりであんまりクリエイティビティ(私達にそれが溢れていると仮定して)を発揮できる場面がないのが辛いところです。とほほ。

投稿日:

古民家の土壁を解体するたった一つの冴えたやり方

さて、今日は愛する妻の誕生日であります。おめでとう、妻。

ということで、誕生日にやることと言えば、あれですね。土壁の解体。

今回は、勇敢にも古民家改装とかにチャレンジしちゃってる日本のどこかにいる(もしくは歩いて数分の所にいる)同好の士のために、私が編み出した効率的な方法というものを赤裸々に伝授したいと思います。

今回のターゲットはこちら。すでに一部土が落ちてるけど、細かいことは気にしない。サイズは縦240cm、横90cm。
これがキミの必要なもの全てだ!マサカリ(?)、小さい土掘り具、チリ取り、袋。袋以外は全て納屋に落ちていたものを使っています。それにしても「雑袋」というネーミングはなんとかならないのかしら。西村ジョイ様、いつもお世話になっております。
貫を探すために柱沿いを削る!どこだぁー!
両柱そばの貫を露出させる。今回は二枚。私ぐらいになると、こんなに最小限の手間で貫を見つけることができるのです。
アップにするとこんな感じ。この貫がガッチリ柱にハマっているので、これを壊す必要があります。逆に言うと、土壁の中で構造材とくっついているのはこの貫だけなのです。貫はわら紐で小舞という竹と結ばれていて、その小舞を土で両側からパックしているのです。
さらに攻撃対象をアップで。ただの平たい板なので恐るるに足らず。
マサカリで叩きまくる!丸ノコとかでも良いと思いますが、叩き割る方が「こんにゃろー!」感が出るのでオススメ。
貫を破壊したあとは、引き倒すだけ!手でもいいですし、引っ掛けられる道具があってもいいです。体重をうまく使えば力はそんなに要らないと思います。
全部倒したらこんな感じ。さて、ここからが実は一番大変なのです。小舞と呼ばれる縦横に走る竹と土を分けながら捨てる必要があります。
木と土に分別。木は燃やす。土は欲しいという奇特な人が幸いにして徒歩30秒というところに住んでいる場合はその人にあげる。
土壁除去後。本当はこの後横に走る銅縁と奥の薄いベニヤを除去して完成ですが、この奥は押し入れで、その中にはまだ布団が入っているため、今日の所はこれぐらいで勘弁しといてやる。
壁一枚の内容物。上の2枚が貫。細い竹が大量。土は土嚢袋7分目から8分目のものは7袋なので、120kg以上はあると思います。たった一枚の壁でこの量のゴミというのはゲンナリするのに充分なパンチ力を持っているわけで。この納屋にはまだ同様の土壁が10枚以上あるわけで。

要するにガムシャラに土壁を攻撃するのではなく、貫がどこに走っているかを理解して、その急所を徹底して攻めるというやり方です。土壁を倒すまでは3分かからないと思います。ただ、そこからゴミを適切に処理するのに非常に手間取るのがゲンナリポイントです。この処理だけで20分以上はかかるような気がします。とほほ。もちろんタイトルは誇大広告です。

あと、ちなみにこのような方法で壁を作るのは大昔からあんまり変わっていないのです。驚くべきことですね。世界史的にみると少なくとも8000年ほど前にはすでにwattle and daubという壁の作り方がヨーロッパや西アジアの広い範囲で知られていました。小枝と蔓(日本家屋の場合は格子状に組んだ竹ですが)と粘土というどこでも取れる材料を使って、比較的容易な組み方で壁を立ち上げるというのは、ある種のユニバーサルデザインなのでしょう。誰でも材料へのアクセスができて、環境が違ってもアレンジが容易で、メンテナンスや作り直すのも簡単となれば、そりゃ時空を越えて広まるよという感じですね。

投稿日:

移住者は納屋の包容力に圧倒される

年始早々、ゴミ出しの日々がスタートしております。本当は年末年始はコタツに入って本でも読んで夫婦でゴロゴロしようかとニヤニヤしながら計画していたのですが、「そんなヒマがあったら納屋のゴミ出しをせねば」という焦燥感にかられ、正月から働いております。

 

納屋という名のブラックホール

私達はこの家に夏から住んでいるのですが、納屋の中身は最初引っ越してきたときにチラッと見た程度で、これまでほとんど利用してきませんでした。チラッと見た範囲では、とてもよく整理されていて元々の家主さんの人柄が出ている印象を受けていました。発泡スチロールや薪木といった軽くてかさばるものはそれぞれ小分けにして紐で縛ってあったり、食器類は箱に入れてそれを棚に収めてさらにその上から新聞紙で包んでホコリをかぶらないようにしてあったり。

 

なので、いざ納屋を使おうと思ったときにも、中のものを出して整理するなんて造作もないことだと考えていました。いやぁ、当時の私に言いたいですね、「古民家なめてんじゃねぇ」と。(ちなみに2016年に男木島に引っ越してきた30代前半の同世代3世帯はほぼ毎日顔を合わせる仲良しさんなのですが、3世帯とも同じように自宅敷地内の納屋をどのようにマネージメントしていくかという問題に日々取り組んでいるということも一致します。話題の3割強は納屋の話といって過言ではないでしょう。)

うまく整理されているということは、つまり隙間を最小化しながら、最大限のものがそこに収められているということを意味するのです。納屋のゴミ出しに着手してもう10日ぐらい経つように思いますが、まだまだ目処が立つところまで来ていないのが現状です。古民家の歴史の重厚さ、納屋の文字通り闇の深さを日々痛感しております。今日見つけた箱入りの漆塗りのお膳なんて昭和11年製でしたよ。80年!!

左から、謎の巨大鉄鍋、ロッキンチェア、箱入りお膳30人前 手に持っているのは襖の枠を分解したもの

 

今風に言えば「オフグリッド」冷蔵庫
下にあるのは「カラーテレビ」(そう書いてある)

島のゴミ捨て事情

これが島でなかったら話はまだ簡単なんです。友達かレンタカー屋さんから大きなトラックを借りて、粗大ゴミなどが持ち込めるような大規模なゴミ捨て場に全部捨てて、それでも足りなければそれを往復すれば良いだけです。いたってシンプル。

だがしかし、ここは島なのです。さらに、この男木島は道が細く入り組んでいるため、島の多くの部分で車を使うことができません。大型車をレンタルしても港までゴミを運び出す手間+フェリーの料金(おそらく1往復で1〜2万円)が発生し、フェリーの時間の兼ね合いもあり頑張っても1日2往復しかできません。となると基本的にゴミ出しは人力で行うことになります。さらに可燃ゴミ以外は月一回の回収なので、その日を待つ必要があります。ちなみに私は年末の回収日に、家と収集場所を一輪車イッパイのゴミを抱えて11往復するハメになりました。その日は島民にとっての一大イベントの日で、数日前からゴミ出しのことが島民の話題に頻繁にのぼるようになります。坂の上の方に住んでいるお婆ちゃんもオンバを使って収集場所までゴミを運んでいます。裏を返せば、その日はほとんどの島民が収集場所まで出てくるため、色んな人とコミュニケーションをとれるチャンスと捉えることもできます。

ただこの月一回の回収はあくまで行政のサービスなので、あまりに大量のゴミを個人が一度に出すことはできませんし、大型のゴミもそのままでは出せないものがあります。

そこで頼りになるのが古道具屋さんと便利屋さんなのです。彼らは今月中に私達を助けてくれるはずなので、その活躍については後日触れることにしましょう。

謎のロングしゃもじを持って
視線はすでにオシャレ店舗の完成を夢見ている
投稿日:

2017年のプロジェクトあれこれ

最初にお知らせを3点。

  • 2017年1月から3月末まで(?)ダモンテ商会は実店舗の工事を最優先事項にしており、営業はしておりません。ご期待にそえず申し訳ありません。
  • パンや焼き菓子をご所望の方は予約をお願いします。前日の午前までに問い合わせフォームかinstagramかFacebookにて予約していただけると、最高の状態でお渡しできると思います。
  • DIY好きのお手伝いを随時募集しています。報酬はかけがえのない名誉とあふれ出す達成感のほかには、寝床と風呂と御飯です。時間と体力があって、島暮らしがしてみたいという方はご連絡を。

 

年始にあれこれ考える

年が明けてしまいました。2017年ですね。年明けというのは、これまでのことや、これからのことを整理したり、考えたりするのに適している時期だと思います。ゆっくりと時間をかけて、コタツに入って、みかんを食べながら、ノートを取ったりして、思考を深めていくという過ごし方を毎年心がけています。

 

ここ数年では、2015年は仕事を辞めて、世界旅行に出かけるというのが最も大きなプロジェクトでした。2016年は上半期は世界旅行、下半期は男木島に引っ越すというのがメインでした。今のところ、細かいところを除くとやはり数年前に頭の片隅にあったことがどんどん実現していっているような感触があります。それは決して受動的なものではなく、どちらかというと能動的に実現していくというニュアンスが近いのですが。だからこそ眼前のタスクに舵取りに忙殺されることなく、顔を上げて波間に時折見える灯台を目指す必要があると思うのです。

 

2017年に控えているプロジェクト

さて、ということで2017年です。抱負みたいなものはあまり考えていないのですが、プロジェクトは色々と考えているので、それをここで書いておきたいと思います。

  • ダモンテ商会の実店舗をオープン
  • EC事業の立ち上げ
  • ヤギ飼育の開始
  • コーヒー豆のローストに着手
  • 島のおばあちゃんを巻き込んだワークショップの開催

他にも色々あるのですが、まぁこれだけできれば2017年としては合格点を自分にあげたいと考えています。

 

それぞれのプロジェクトはこのブログでもいずれ触れることになると思うのですが、今回はその中でも最も重要な「実店舗のオープン」について。

 

自分の店、自分で作ります

ビフォーの様子。北西から。
ビフォーの様子。東から。

これまで私達「ダモンテ商会」は男木島図書館の御厚意に甘える形で庭先のスペース「老人と海」を借りて営業をしていました。そのスタイルも私達にとっては居心地の良いものだったのですが、さらなる発展と可能性を信じて自分たちの手で新たに実店舗を構えることにしました(屋台スタイルでは吹きすさぶ冬の風に対処しきれないという事情もあったりなかったり)。居心地の良い環境を自ら手放すのはもったいないとも思うのですが、自分達のやりたいことを追求するためには仕方のないステップなのだと考えています。

 

ダモンテ商会の新しい店舗は私達の自宅の「離れ」兼「納屋」を改装する形でつくるつもりでいます。正直言うとその道のプロに入って欲しいところですが、そんな予算もないので、例によって自分達の手で全面リフォームを行おうと思っています。自分達の手で何かをつくることは、様々なレイヤーで新たな「つながり」が生まれることだと信じています。物理的にも、社会的にも、経済的にも、文化的にも。なので、今回のこのプロジェクトもクオリティは追求しつつ、楽しさを常に脇に携えて取り組んでいきたいと思っています。はてさて、どうなることやら。